スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1vs1 の基本

1vs1  ぐりもわーるの醍醐味というか ストレスのたまりどころというか そんなコンテンツ

それの基本を今回やります。 文字ばっかになるので暇な時にでも見てやってください。

pv1.png

 ※ 対人考察の大前提

      ・こっちのデッキは速攻じゃない
      ・資産とかあまり考えない



まず対人の基本編 はじまりから

<手札の決定>

シャッフルするかどうか の前に 相手にカーソルを合わせて何枚デッキかをまず見ます

15枚なら速攻 30枚なら・・・なんで言うんでしょう 普通?遅延? 

枚数を見て自分の手札をシャッフルするか決める ていう流れです。


・15枚であった場合はアウグストとか手札にあるとほぼ負けるのでシャッフルしましょう。


・相手が30枚ならシャッフルなしで大丈夫。もし運悪く?カジェスやニケが出されたら負けちまえばいいんです。


・自分が速攻である場合は手札内容とよく相談。といっても2枚か3枚で判断するのは難しいです。ユニット0は苦しいかも。



さてここからは vs速攻 なのか vs30枚 なのかで大きく動きが変わってきます。



基本編とか書いちゃったのですがちょっと触れておきます。


vs30 の場合


pv2.png


こんな感じで圧殺すれば勝ちです。上の画像は盗撮です。

どうやってこの状況まで持っていくかが肝心なんすね。


上の状況だと 左の人はユニットがほぼ残っていないのに 右の人はいっぱい残る

つまりユニットを倒させずに相手のユニットを倒していけばいい って言い換えてもいいす。


具体的にどうやるんだっていう話



一番簡単なのは待って相手のユニットが来た所を被害0で倒せばいい



・・・


・・・・・何言ってんだコイツ って声が聞こえてきそう。

ちなみに終始待ちオンリーは決して強くありません。特にカード質が負けている相手には攻める余裕とカード運用余裕ができる為、必敗の策に近いです。





問題はユニットの倒し方。


相手が1枚のユニットを出して来たのに対して、2枚のカードで倒したとします。


あなたの場に2体ユニットが投下されちゃってます。


これらを同様に相手に無傷で倒されたら逆にその地点では損になります。


でもそのユニットを・・・ と 繰り返したらきりがないです。

zetubo.png

一例ですが、こういうのでカウンターをすると相手はこれを倒す為に複数枚カードを使ってくれる可能性が出てきます。

こんなのシュンサツできる手札の場合もあれば、バデンを前にして後ろに長やりでチクチクして数ターンかけて倒す事しかできない手札の場合だってあるわけですから。


もし後者のような状況になったら好機到来!更にユニットを出して畳みかければそのまま押し切ってしまう・・・

という事もできちゃうかもしれないですね。


待ちの話はしだすとキリがないのでこの辺で。


待ちってのは平たく言うと 相手の出すカードを先に殴らせてもらって状況を良くしよう っていう策。


どっちかは必ず 攻めになり 出された側は 待ちになるわけだから そこに狡いも何もありません。


攻める側は1カードで返される事を極力防ぐカードで攻め、且つ返された時に更に出して倒すカードを握っておかなくてはいけないって事ですね。





攻める側の話。


カードを出せば攻めってわけじゃないっすけど。

いかん攻め方がこちら。


semeakan.png


いきなりこんな攻めしたらこうなるよの図。 カードをいきなり2枚捨てているようなもんです。


攻めるにはそれなりの適したカードがあります。

baden.png

pvやってればこの人は必ず見かけます。 強いもんね。

これを3ターン目に出されて 貴方のデッキは対処できますか?

1カードで対処するには デッガーやらスキルやらあると思いますが、ユニットのみで1ターンでこれを倒すのは至難です。

2ユニット以上を高確率で相手に要求するカードは問答無用で強いんです。

スキルで倒されてそれが手札に戻ってたら?というのはドンマイ以外何者でもありません。



でもまぁ強いといっても 相手が複数枚展開する事で、大体しんじゃいます。

大事なのは相手に複数枚出させるという事。3枚使ってバデンを倒してくれたら儲けもの。

それをなるべくターンをかけずに他ユニットで倒したら相手はもうそのユニットを止める余力は残っていないでしょう。



バデンが3ターン目に出て 相手がアヒアヒした場合の例 っていう一部の例を上げましたが、

攻める事で

・本来なら出したくないのにそれを強要させる 
・ユニットが本来の性能を果たせずに消えていく
 (バデンに対して止む無く壁として使って死ぬ)

という可能性に賭ける行為なんですね。

逆にスキルや良対処ユニット(トゥルガとか)で止められるとその攻めは失敗に終わるので、その返しを更に考えておかなくてはいけないんです。


簡単にいうと、

バデン出して攻めました。

相手が速射とバデン出して倒しつつ攻めてきました。

止めれませんでした。


こんな状況で攻めるのはマゾのやる事です。

手札に常にバデンくらいは止めれる余力を残して攻める ってのが基本になります。


まったくこのセオリーを無視したのが 15枚の速攻デッキになります。


vs速攻は長い気がするんで別カテゴリでやりましょうそうしましょう。



長いしまとまらなくなってきた。ので、この辺にしていったんしめます。



pvの基本で大事なのは 


なのは・・・


何だっけ?


無駄死にをユニットにさせるな!!!相手のユニットを無駄死にさせる状況を狙え!!!



あ こんなかんじで。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大型地雷くん

Author:大型地雷くん
ぐりもれべる53万です。
4鯖で活動中。
地雷視点の価値観マックスでお送りしてますのでその辺は冷たい視線で見守ってやって下さい。
@半力プレイになりました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)

画面下をお散歩します

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。